葉酸 妊娠

葉酸は妊娠したら必ず飲まないといけないの?

葉酸は妊娠中に積極的にとって欲しい栄養素のひとつです。遺伝
物質でDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠です。
赤血球の合成。アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成
やたんぱく質の生成、促進作用がある。皮膚の粘膜の強化、口内
粘膜の強化に役立ちます。

 

妊娠中の女性は葉酸の需要が増えます。普段のおよそ2倍必要と
言われています。妊娠初期は人間の成長において細胞分裂が活発
な時期で受胎から2〜4週間がその時期に当たります。この時期に
葉酸が不足すると胎児に無脳症や神経管閉鎖障害などの病気が発生
するリスクが高まるといわれています。

 

葉酸が多く含まれている食品とは

植物性食品
あさつき アスパラガス えだまめ オクラ 春菊 ブロッコリー
ほうれんそう モロヘイヤ アボカド
動物性食品
うなぎ いくら ほたてがい 生うに 牡蠣 豚 牛 鶏 
フォアグラ

 

どのくらいの摂取が必要かというと、成人は1日240ug、妊婦は
440ug、授乳時340ugとしています。妊娠を計画している女性
は妊娠の1か月以上前から葉酸を飲み始め、妊娠3か月くらいまで
は飲み続ける必要があります。人によっては出産後もそのまま飲み
続けていることも。長く摂取していくものなので、値段と質のバラ
ンスのいいサプリメントを活用していくのもいいと思います。食生活
の欧米化などで葉酸が不足しがちなのでしっかりとっていきましょう。